A's 24





Don't shed a tear

Whenever you need me


http://frbbs.jp/


I'll be here








朝からなんだか
仕事うつ。
昨日のが残ってる。
引きずるタイプだからさ…

おばさんになんて
どう思われてもいいじゃん!
って感じだけど、
人からの意見とか
どう見られてるとか
すごく気にするから、
辞めたいって言っても
「必要とされてるのかも」
なんて思ったら
ちょっと心残りだったり。
辞めたいって気持ちに
全く変わりはないけど。

でも、ほんと辞めたい。
行きたくない。
就職するよりも絶対、
辞める方が大変だね。
こんなに時間かかるなんて
思ってなかったよ。

向いてなかったんだろうな。

ほんと、
早く辞めたい。
コメント(0)



今日もまた
理不尽だったね〜
とにかく謝れっていうのは
何なのかね。
謝ったら気がすむの?
バカなの?
なんで悪くもないのに
謝らせたい?

嫌だね、おばさんは。
コメント(0)



実家にはわたしの居場所は
もうないんだなー。
お盆もお正月も、
きっと親戚の集まりに
もう行くことはないだろう。
ずっと気分悪かった。

わたしには関係ない人たちだ。

もう、二度と行かない。
コメント(0)



「素敵なウソの恋まじない」
あったかくて
自然と笑顔になるような、
幸せあふれる
お話だった(^^)

原題が
"Roald Dahl's Esio Trot"
らしいんだけど、これって
Dlaor s'lhad oise tort
ってこと?

…違った!
"tortoise"が亀って意味で、
Roald Dahl
って人が書いた作品だったからか!
んー、これは邦題には
できないね笑
にしても原題これでいいのか感が笑
まあ、それはいいとして、
おじいちゃんとおばあちゃんの恋。
最初、というか途中まで
なんだこれつまんない。
まぁ、夜だし
ゆっくり見れていいかー
なんて思ってたけど、
見終わってみて
これお年寄りだけに
言える話じゃない、
むしろ、
わたしめっちゃ
共感できるやつやん!って
今さらに思う(笑)
シャイな人って
必ずではないと思うけど
自分に自信がないんだよね。
だから、ちょっとでもだめだ、
見込みがないって思った瞬間に
第一線から退いてしまう。
自分じゃない他の誰かのほうが
その人には合ってる。
自分のことは好きじゃないんだ、って。
そんなこと本人からは
一言も言われてないのにね。

最後のほうで
ストーリーテラーの男性が
なんかすごく
素敵なことを言ってたんだけど
忘れた(笑)
明日もう一回見直そう。
でも、思い込みってほんとにあって、
悪いほうに悪い方に考えてたら
きっとそのうち
そうなってしまって、
いい方に考えてたら
そうなるんじゃないか?
ちょっと自意識過剰なくらいが
ほんとはいいのか?
人に迷惑
かからないくらいにね。

お話も、「取り替え」のところは
やりすぎだし、
彼女にウソつくのはちょっと…
って思ったけど、
一回ダメでも諦めなかったところは
すごいなーと。
あれで完全に諦めてたら
あの結末はなかったんじゃないか?

ポジティブすぎるくらいのほうが
いいのかも。なんて
思った。
考えすぎてネガティブになって
いいことなんて1つもない。
ネガティブになるなら
考えないほうがいい!
いいことだけ考える。

そんなふうに
生きていきたいね。
コメント(0)



久しぶりに
ラブストーリー系のDVD
借りて来たけど、
やっぱいい…
洋画のラブストーリーは
最高だわ。
こういうとこ
こういうのに夢見ちゃうとこ
わたしは女子だなと←笑

主人公の女の子(ルー)が
お茶目なかわいいこで、
相手の人(ウィル)が
今こそ障がいがあるけど、
超お金持ち
(プライベートジェットも持ってる)で、
かつては超エリートだった、みたいな
もう夢しかないようなお話。
本題はそこじゃなくて、
「尊厳死」
ってとこに
あるとおもうんだけど、
ルーが来て生きる目標が
見つかったのに、
やっぱりかつての
元気な頃の自分を
知っているから、
それを考えると
彼女を縛ってしまう、とか、
かつて行った場所を
思い出して、
「素敵だった」って
思うけど、
それは
"健常"な頃の自分が
行ったからで、
"障がい者"になってしまった
今、行っても
かつてほどの感動は
味わえないとか
なんか、
ちょっとわかるかも、、
って思ってしまった。

でもさ、
自分を必要としてくれる人がいるなら、
もう少し生きてみても
よかったんじゃないかな、、
なんて思うのは
わたしがその辛い気持ちを
理解できてないから
なのかな。
本当に固い意志があって、
猶予期間があったのなら、
その人は十分
頑張ってたって
ことなのかな。

わたしも、どうしようもなくなって
会社に「辞めたい」って
伝えたけど、
きっと彼は
限界まで頑張ったんだろうね。
人によって限界って違うから
「もっとやれる!」
なんて、
安易すぎる
言葉なんだろうね。
頑張れ、とか、
もっとやれる、とか、
何を根拠に言ってんのって
話だよね。

me before you
(邦題:世界一嫌いなあなたへ)

時間があったら
もう一回見たい。

コメント(0)