A's 24





Don't shed a tear

Whenever you need me


http://frbbs.jp/


I'll be here








もう2年も辞めたいって
思ってるけど、
辞められてないのは
行動してないからだよなぁ。

引き寄せってなんだよ。

辞めれるなら
今すぐでも辞めたい。
今日朝
めちゃくちゃ渋滞してて
遅れたんだけど、
このまま仕事さぼろうかなって
本気で思った。

遅れるとだめだね。
辞めたいとしか思ってないから、
ほんと行きたくなくなる。
コメント(0)



もうわたしを
癒してくれるのは
SHINeeしかいない…

イライラしてて
もう嫌だ…ってなってても、
SHINee見れば
一瞬でもやもやした感情が
消えるんだよね。
凄すぎる。

いろんな面で、
わたしにはSHINeeがいないと、
とういか、
いなかったら今ごろ
どうなってたんだろう…
欠かせない一部に
完全になってる。
心の支え、というか。

仕事も、人間関係も、
全部全部嫌で、
あー嫌だ、
全部投げ出して
逃げ出して
何もない世界に行きたい、
って、
投げやりになるくらい
もやもやして。
というか、
ほんとに逃げ出したい(笑)
全部めんどくさい。
辞めるにしても、
やらなきゃいけないこと
多すぎる。
仕方ないんだろうけど。

とりあえず、
辞めたいって言えたらな…
そこが第一歩。
辞めた後のこと
考えるのは
その後だよね。
まだ一歩も
踏み出せてない。

嫌だね。
でも、いつかきっと、
この気持ちが晴れる日が
くると思うんだ。
努力してれば、
ずっとこの
底辺の状態を
さまよってることはない。
いつかは晴れる。
そう、信じるしかない。


コメント(0)



今回ので辞める決心というか、
区切りついた気がする。
「顛末書」
久しぶりに聞いたわ(笑)
ほんと、バイトのときぶり?
何で書いたのか
覚えてないけど、
なんか書いたね。
これも、「辞めたい」の
延長で起こったこと
だと思う。

辞めたい
やる気ない
気の緩み

これを言い訳に。

もう、十分
我慢したよ。
頑張ったよ。

もう、辞めよう

言えればすっきり
するんだろうな。
コメント(0)



タイ旅行最終日!
といってもまだ
夜中だけど(笑)

なんか中途半端な時間に
寝てばっかりだったから、
中途半端な時間に
目がさめる。
いま2:39?

とりあえず、
着いた日はホテルの周り
出てみたけど
野犬とか
現地の人が怖くて
ホテルの
ちょっとお高めレストランでディナー。
そのあとバス予約したり
なんかいろいろして、
気づいたら寝てた(笑)
そういえば、
ルームカード忘れたり、
そもそも部屋の番号
わかんなかったりで
いろいろ大変だった(^^;)
旅に失敗は
つきものだね〜

はい、2日目!
バスが12時ってことで
ゆっくり起きて
10時くらいに朝ごはん。
遅いのに外人さん
いっぱいいてびっくり。
まさに、非現実の世界。
外国って感じ。
意外とアジアじゃなくて、
ヨーロッパ、アメリカ系が
多かった。
バイキングなんだけど、
種類多すぎて。
全然食べきれない、、
当たり前か(笑)
おいしかった!
で、バスでプーケットタウンへ。
このバスがまた
揺れる揺れる。
降りたとき、結構本気で
吐きそうになった。
すぐ治ったけどね(笑)
治癒力(笑)
ショッピングセンター行ったり、
お店やさん街歩いてみたり。
ときどき雨も降ってたり。
ただ、雨よりも
汗がやばかった。
止まらない(笑)
湿気もあって、
全然歩いてなくても
汗が滴って来る…
辛かった?
最終日はタオル必須だな、と
実感した。
最後マッサージしてもらって、
ホテルへ戻り、
またちょっとリッチなディナー?
カレーが辛すぎた(笑)
デザートはおいしかった!
パンプキンの
プリン?みたいな
ケーキみたいなやつ。
あったかくて。
で、部屋でごろごろして、
また寝てしまって…
12時ぎりぎりに、
明日のバス
予約しなきゃ!って
フロント行って
お兄さんに頼んだけど
だめでした。
残念。
タクシーかな?
まあ、仕方ない。
で、今に至る。
寝れてません(笑)
眠くない。
さっき中途半端に寝たからね〜

もうちょっとしたら寝る。
うん。
荷物片付けるかな〜
コメント(0)



しあわせか、、
羨ましい。

羨ましい、だけで
心からおめでとうを言えないあたり、
自分の性格
ほんと疑う。
疑うどころか
最低だよね。

きっと、人生で
いちばんハッピーな
ときのはず。
そんな瞬間
きっと限られてるわけで。
自分が幸せじゃ
ないからって、
他の人を妬むのは
絶対違う。
それならわたしも
幸せになればいい。
‥そうでしょ?
自分で好んで
自分の人生
やってきてんだから、
責任持てよって
話だよね。

周りが幸せなら、
素直にそれを受け入れて
祝福すべき、違う?
もしわたしにも
幸せな瞬間が
訪れたとして、
そのとき祝ってもらうって、
きっともっと
幸せになれるもの。

人の幸せを祝えないような
悲しい人間には
なりたくない。
コメント(0)